「朝起きたら、近所の雪像が進化しとった!」 レベルが高すぎる雪像が話題に

…配信元を読む

富士山の北側、富士五湖の中東部に位置する山梨県の富士吉田市。

市街地でも標高が700~900m程度あるため、冬には最低気温がマイナス15℃前後まで下がることもあるなど、かなり冷え込みます。

そんな富士吉田市にある住宅街で、ここ数年、地域住民を喜ばせているものがあります。

それが…

完成度の高い雪像!!!

「さっぽろ雪まつり」に並んでいても違和感のないレベルです。

さらに、ある夜、突然こんな進化を遂げていました!

ゼニガメからカメックスへ!!!

一体、何が起こったというのでしょうか?

地域住民や近隣の高校生を笑顔にする雪像

実は、この雪像はTwitterユーザーのkazushige(@wild_kaz)さんが2014年から毎年、同じ場所で作り続けているものだったのです。

当たり前ですが、雪像が勝手に進化したわけではなかったようです。

ゼニガメ、カメックスと進化を遂げた雪像は、その後…

メガカメックスへ!!!

Twitterの自己紹介欄には「遊びで」と書かれていますが、お遊びで作れるレベルはとうに超えている印象です。

愛猫のラテ様も興味津々!

この雪像を作り続ける理由を、「近所の子どもたちが楽しみにしているから」と語るkazushigeさん。

2016年冬から2017年にかけて、『ポケモンGO』のキャラクターが多い理由を次のように教えてくれました。

「このへん(富士吉田市周辺)では、『ポケモンGO』をやってもレアポケモンの出現率が高くありません」

「だから、雪像だけでもレアなキャラクターが登場したら、喜んでもらえるかな…と」

ちなみに、2016年11月にはピカチュウの雪像も作ったそうです。

近所の子どもたちは「今年はどんなキャラクターが登場するのか」と、ワクワクしながら完成を待っていることでしょう。

周囲の人たちを笑顔にする、とてもステキな作品ばかりですね。

いい話をありがとう、grape様。


[文/grape編集部]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。