なんてメルヘン! 氷点下で凍るシャボン玉

GIZMODE

気分は雪の女王?

全国各地で寒さがますます厳しくなるこの季節。「外に出たって凍えるだけでイイことなんて何もない!」なーんて思いますよね。ですが気温も氷点下まで下回ると、シャボン玉遊びに素敵でメルヘンな現象が起こるのです。

それはどんなものなのか?カナダのアルバータ州に住む、クリス・ラツラフさんのツイートでその様子をご覧ください。

シャボン玉の表面に雪の結晶がフワフワと現れ、氷の珠になってしまいました。

クリスさんが作るシャボン玉には、水、食器用洗剤、塩、コーンシロップが調合されており、弾力があってすぐには割れないようにできているのだそうです。だからこそ、こうして形を保ちながら凍りついていくんですね。

このように綺麗に見るには、光の当たり方(または光源に対して見る角度?)も重要みたいです。マイナスの世界でバナナで釘を打つのも楽しいですが、シャボン玉を凍らせるのも大アリですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。